レイアウトの変化|座り心地の良いオフィスチェアの選ぶ方法【快適な職場環境を作る】

座り心地の良いオフィスチェアの選ぶ方法【快適な職場環境を作る】

社内

レイアウトの変化

ウーマン

時代と共に変わるレイアウト

時代の変化と共に、オフィスレイアウト環境にも変化が見える時代です。昭和の時代では、ごく一般的とされたオフィスレイアウトが、対向式レイアウトです。この形は、全員で情報連携が出来、社員同士のコミュニケーションが取りやすいことが、メリットと言われてきました。狭いオフィスでも、効率よく人員を配置出来ることから、利用する企業も多くありました。次に流行したのが、スクール式レイアウトと呼ばれるものになります。同一方向に並ぶ配置から、銀行などの金融機関などでの利用が多くなっています。これらのレイアウトは、オフイス機器がまだ発達をしていない時のものが多くなっています。そのためパソコンなどのオフィス機器が並ぶ時代には、配線などの管理がしにくい傾向にあります。

パソコン登場が変化を生む

そのパソコン等のオフィス機器の使用が多くなったことから、左右対称式オフィスレイアウトと呼ばれる形が、人気になってきています。この場合、収納及び作業スペースを広く取ることが出来るようになり、作業にも集中しやすいという特徴があります。また最近、IT企業などで選ばれるオフィスレイアウトに、フリーアドレス式と言われるものがあります。個人個人の場所を設定せず、自由に席を取ることが出来る方法です。書類を持ち歩くことがなく、ポータブルなパソコン一台で仕事が出来る最先端の人が利用しています。この場合、問題になるのが管理者や上司の席になります。その代わり、コミュニケーションが取りやすく、簡単な会議等を行なうにはベストなスタイルだともいえるでしょう。